Icy satellitesimal formation by pairwise collisional growth of dust particles in steady circumplanetary disks

木星の周りの氷点のある衛星は、円板状の円盤の中に形成されていると考えられます。以前の研究は衛星衛星からの衛星の形成に焦点を当ててきたが、衛星衛星自体がより小さな塵粒子からどのように形成されるのかという問題は、まだ解決されていない。このプレゼンテーションでは、親原始惑星系ディスクから供給された小さな塵粒子によって、惑星系円板内の氷性衛星がその場で形成される可能性について議論する。彼らはお互いに衝突することによって成長するだけでなく、中央の惑星に向かってドリフトします。我々は安定した粘性付着円板状の円盤をモデル化し、円板内の塵粒子の表面密度と代表サイズの半径方向分布を計算した。半径方向ドリフト障壁は、ディスクへのダスト対ガスの付着率の比が1よりも高い場合にのみ克服されることがわかった。この条件は、対の衝突成長による現場衛星形成が極限条件下でのみ実行可能であることを示唆している。また、多孔質骨材の衝突成長による衛星形成もストリーミング不安定化も実行可能でないことも見出した。

Download: 
PDF icon exoplanets2_2.pdf

Submitted by